観光地のラーメン店

日本に来る海外からの観光客に、日本のどんなところが楽しみかと聞くと、食事を挙げる人が増えています。無形文化遺産に和食が登録されたことで、日本食がいま世界で注目されています。その理由は、ヘルシーなイメージが世界中の人たちに認められているからだと思われます。さらに、ラーメンを筆頭に普段私たちが食べている料理も、海外で高い評価を受けています。今後、ますます海外から観光客が日本を訪れることが予想されています。今の日本食ブームを一過性にしないためにも、いくつかのことを検討すべきでしょう。ある調査機関によると、2010年の時点で、イスラム教徒の人口は16億人程度ですが、2100年にはキリスト教徒を抜いて世界最大の勢力になると予想されています。日本の周辺では、マレーシアやインドネシアがイスラム教徒の多い国に挙げられます。そして近年、この二つの国から日本を訪れる観光客が急増しています。彼らの多くが口をそろえて言うのが、日本における食事の難しさです。日本人にはあまり知られていませんが、イスラム教とは生き方そのもので、私たちがイメージする宗教とはかなり異なります。その生き方を表しているのがコーラン(クルアーン)なのです。日本人の多くが、豚肉やアルコールがダメといった単純で表面的なことだけで判断しますが、それだけではなく実はとても奥が深いのです。そんな彼らが大好きな日本で豚骨ラーメンを食べることが出来ずに困っていまるのです。今後、ますます増えていくイスラム教徒の観光客に日本式のおもてなしで対応するには、彼らが安心して日本の料理を楽しめるようにハラル化を進める必要があるでしょう。また、外国人に大人気のラーメン店では、外国人対策として、英語を話せるスタッフを募集しています。「ラーメンが好き」「英語が話せる」という方は、観光地にあるラーメン店でアルバイトをすると重宝されるので、もしかすると高時給が期待できるかも知れませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です